AGAだなんて呼ばせない

AGAだなんて呼ばせない

AGAで恥ずかしい思いをしている人いますか?AGAはある薬を服用することによって髪の毛を増やすことができます。ちょっと時間はかかるかもしれませんが、何もしないよりマシなので是非これから説明することを参考にしてください。

AGAで悩み始める年齢

AGA(男性型脱毛症)で悩み始めるのは、早い人では20代というケースもあります。なぜAGAが起きてしまうのかといえば、DHT(ジヒドロテストステロン)という強い作用を持つ男性ホルモンの影響です。この影響が強ければ、若い人でもAGAになってしまうリスクが高いということです。
男性ホルモンは、男性らしさを生み出すためには欠かせないものです。
最初はTS(テストステロン)という物質ですが、TSに「II型5αリダクターゼ」という酵素が作用すると、DHTに変換されます。
このDHTが薄毛を引き起こす一番の原因で、髪の成長にとってマイナスの作用ばかりします。発毛に関わる毛乳頭を萎縮させる、毛母細胞の成長を抑制する、といった作用です。
DHTが増えてしまうと、髪の毛が太く硬くなる成長する前に抜け落ちてしまい、また生えてきても1年以下で抜けてしまうようになります。しかも生えてきても細く短い毛ばかりなので、髪の密度が減って薄毛を感じるようになります。
II型αリダクターゼは、前頭部~頭頂部の「毛乳頭細胞」「毛母細胞」「前立腺」という限られた場所にしか存在しないので、胸毛などは抜けないにも関わらず、髪だけがダメージを受けてしまいます。
これを考えると、男性ホルモンが多い人ほど薄毛になりやすいように聞こえますが、もともとのTS量には個人差はほとんどありません。
つまり、AGAを予防するには、「II型αリダクターゼが作用してDHTに変換される部分を止めてしまえば良い」ということになります。すでにこの作用を持つAGA治療薬は開発販売されています。
AGAクリニックなど専門の医療機関では医師が患者の状態にあった薬を処方してくれますし、その他の生活習慣の改善などもアドバイスをしてくれます。